面接では自分自身のことを聞かれる

中途採用者で求める人材としてはまずは即戦力になります。

面接の時に具体的なキャリアプランを伝える

面接では自分自身のことを聞かれる 中途採用者で求める人材としてはまずは即戦力になります。すでに社会人の経験があり、更にその職種などで一定の経歴を持っているような人です。さすがに全く同じ仕事ではないですからすぐに現場に出ることは出来なくても、新入社員よりも早く現場に出てくれる人を求めます。しかしすべての人が結果を出してくれるわけではなく、早々に退職されてしまうこともあるようです。

転職時の採用面接での質問ではキャリアプランを話すように言われる事があります。キャリアプランは将来的にどのような仕事をしていくか、どのような経験をしていくかなどを伝えることになります。すでに一定のキャリアを持っている人であれば当然それを持っていることを前提にこの質問はされます。いきなり聞かれて答えられなかったりすると印象が悪くなる事があります。

担当官としては、この答えをきちんと話せる人なら会社に入ってすぐに退職することなく粘り強く仕事をしてくれることを期待します。キャリアプランを持っている人ならどういった仕事を任せられるかも話し合うことが出来ます。必ず質問されるわけではないので答えを用意していないと話せない事があります。職歴などを交えて将来このようになりたいなどでも良いでしょう。

オススメワード

Copyright (C)2019面接では自分自身のことを聞かれる.All rights reserved.