面接では自分自身のことを聞かれる

本題の話をしていく時に事前に例を掲げる事があります。

面接で長所と短所を聞かれたら仕事を例に話す

面接では自分自身のことを聞かれる 本題の話をしていく時に事前に例を掲げる事があります。普段友達や知り合いと話すときにはその人たち似合う話題などから例を探せばいいでしょう。趣味であったりスポーツ、好みのテレビ番組などあればそれを例に出すようにすれば伝えられやすくなる事があります。全く知らない相手に話をすることもあるので、その時にもどのような話題で話していくかを考える必要があります。

中途採用の面接で聞かれることが多い内容としてあなたの長所と短所を話してくださいがあります。突然聞かれるとなかなか答えることが出来ません。この質問はよくある質問の一つなので答えられるようにします。事前に自己分析をしておき、長所と短所を洗い出しておきます。そして長所を中心に話すようにします。短所が全く無い人はいないでしょうがあまり多く出す必要はありません。

担当者は初対面の人になります。相手がどのようなことを求めているかがわかれば何を例にすればいいかがわかります。仕事のことを例に自分の長所や短所を当てはめていくようにします。人の話を聞くことを長所としたいのであれば、営業職ではお客さんの話をしっかり聞いて商談を進めることを例に出せばいいでしょう。短所は必ずしも短所そのものでなくても構いません。マイナスにならない程度に話します。

オススメワード

Copyright (C)2019面接では自分自身のことを聞かれる.All rights reserved.