面接では自分自身のことを聞かれる

学校の勉強の中には得意科目、苦手科目が合ったかもしれません。

面接で志望理由を聞かれたら仕事の強みを答える

面接では自分自身のことを聞かれる 学校の勉強の中には得意科目、苦手科目が合ったかもしれません。その時には得意科目はしっかり伸ばし、苦手科目は克服するような努力をしていたでしょう。苦手な部分もある程度は出来るけども、得意な部分はよりできるようにがんばります。仕事などでも同じような事があります。任される仕事のすべてが得意なわけではありません。苦手な仕事もありますがそれなりにこなしているはずです。

中途採用の面接の中では志望理由を聞かれる事があります。このときにどのように答えるかですが、自分の強みを活かせることを中心にします。ですから得意な仕事があればその部分を活かせることを中心にします。苦手な仕事のことは特に話す必要はありません。担当者としては何でもできることを聞きたいのではなく、どの部分を得意にしているかを聞きたいからです。

前職までの仕事で得意分野としてどのようなことをしていて、それをもっと活かすことが出来る職場としてこの会社を選んだように伝えます。このときにはもちろん企業研究をしっかりして置くようにします。インターネットなどを見ればその会社の社歴などを知ることが出来ます。又経営者の考え方などを知ることも出来ます。それらが自分に合うことを志望理由として付け加えることもできます。

オススメワード

Copyright (C)2019面接では自分自身のことを聞かれる.All rights reserved.