面接では自分自身のことを聞かれる

各会社では人を採用すればその人のキャリアプランを考えます。

面接での退職理由はキャリアプランを伝える

面接では自分自身のことを聞かれる 各会社では人を採用すればその人のキャリアプランを考えます。どのように育てて、どのような人材として働いてもらうかなどです。優秀な人ほど入社前からプランが決められていて、将来的には幹部になってもらうための職務経験が積まれるようになります。会社もそういったキャリアプランを立ててくれますが、個人でもキャリアプランを立てて仕事をする必要があります。

ある会社で勤めていてそのままではうまくキャリアプランを実行することが出来なくなると感じる事があるでしょう。なかなか仕事を任せてもらえなかったり、働きたい部署や場所で仕事をさせてもらえないなどです。その場合には転職も考慮に入れます。このときの転職はキャリアプランを前提にしていますから、それが実行できるための会社を選ぶことになります。

面接では退職理由を聞かれる事があります。このときには自分のキャリアプランを答えるようにすると良いでしょう。実際の理由はマイナスイメージのケースもあります。人間関係がよくなかったためなどがあります。でもそれを言えば印象はあまりよくありません。今の仕事よりもよりレベルの高いところで仕事がしたいなどキャリアを上げるために行うことを伝えます。

オススメワード

Copyright (C)2019面接では自分自身のことを聞かれる.All rights reserved.