面接では自分自身のことを聞かれる

人によっては職歴は様々です。

面接の時には募集職種にあった職歴を伝える

面接では自分自身のことを聞かれる 人によっては職歴は様々です。入社してからずっと一つの仕事をしてきている人もいるでしょう。仕事は同じでも会社が変わっていることもあります。一方で幾つかの職種を経験している人もいます。現場の仕事のみのこともあればマネジャーのような管理職の経験をしている人もいます。職種が同じとしてもマネジャーの仕事はかなり違ってきますから経験も異なってきます。

面接を受ける時に職歴を話すように言われます。職務経歴書にはある程度記載しているでしょう。職務経歴書の通り話せば良いわけではなく、応募企業の職種や仕事にあわせて話すようにします。細かいことは職務経歴書に記載されているので話す必要はありません。営業職で応募するなら営業職として行ってきた部分を話すようにします。事務職の部分の話は必要ありません。

営業職の場合は業種が影響する事があります。過去に務めた事がある会社と同じ業種に応募するのであればそこでの経験を中心に話します。もしこれまで同じ業種で仕事をしたことが無い場合には似ている業種を中心に話せばいいでしょう。したことの無い仕事で応募する時にはこれまでしてきた仕事を伝え、それが応募職種にどのように活かすことが出来るかを伝えます。

オススメワード

Copyright (C)2019面接では自分自身のことを聞かれる.All rights reserved.