面接では自分自身のことを聞かれる

企業に応募をするときにはまずは書類を提出するでしょう。

面接では自分自身のことを聞かれる

面接では自分自身のことを聞かれる 企業に応募をするときにはまずは書類を提出するでしょう。新卒の時には履歴書のみです。中途採用ならそれに職務経歴書を加えることもあります。履歴書には実際に住んでいるところや学歴、職歴を中心に記入をし、職務経歴書はその名の通り行ってきた仕事の履歴を記載します。つまりは自分自身のプロフィールを書類にしたものとなります。これをみて一時審査が行われます。

その次に行われるのが面接になります。新卒の場合は書類審査なしに行われることもありますが中途採用の場合は書類審査が厳しく行われます。社会人としての文書作成能力が確かめられるためです。そしてそれにと通った人が呼ばれて直接話をします。その時にどのような質問がされるかですが、よくあるのが自分自身のことを話すように言われます。すでに書類に記載していることを話せばよいかです。

まずは書類に記載していることを簡潔にまとめて話します。年齢や住んでいるところ、学歴、職歴などです。詳しく話す必要はありません。担当者が見ているのは書類の内容と異なったことを話していないか、話し方に問題がないかなどになります。中途採用者の場合は社会人としての振る舞いがこの答え方で見られる事があります。ほぼ間違いなくされる問いなので確実に答えられるようにしておきます。

オススメワード

Copyright (C)2019面接では自分自身のことを聞かれる.All rights reserved.